FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一関市議会定例会(録音)中継のお知らせ

FMasmoでは、
「一関市議会 第42回定例会 本会議 一般質問」の様子を
録音でお伝えします。

放送日は 2月22日(金)と、2月25日(月)から2月28日(金)までの予定で、
放送時間は いずれも夜8時からです。

このため、通常、夜8時からお送りしている「J-WAVE」の番組で、
お休みさせていただく番組があります。

市議会一般質問の放送が終わり次第、J-WAVEの番組へ切り替える予定です。
ただし、その日の内容によって切り替える時間が異なります
(※おおむね22時半~23時ころの予定です)

なお、リアルタイムでの市議会の様子は、
一関市のホームページからもご覧いただけます。

FMasmoからのお知らせでした。
スポンサーサイト

エントリー受付終了。ありがとうございました。

FMasmoでは、2013年春からの番組で活躍していただける
リポーター・パーソナリティ・制作サポーターを募集しておりましたが、
2月18日、エントリーの受付は終了いたしました。
たくさんのご応募ありがとうございました。
書類選考の結果は後日連絡させていただきます。

特別番組放送のお知らせ

奥州市の奥州エフエム放送が制作した特別番組を、
2月18日(月)~2月22日(金)まで、
「Music Bakery」内、13:20からのコーナー枠で放送します。

番組名:「ラジオで学ぼうILC~国際リニアコライダー東北誘致に向けて」
出演:岩手県政策推進室首席ILC推進監 大平副局長

なお、3月11日~15日まで再放送を予定しています。

2月15日(金)に、送信設備点検を行います

送信所・中継局点検作業のお知らせです。

2月15日(金)
午前10時から午前11時までの間と、午後2時から午後4時までの間、
送信所・中継局の点検作業を行います。

お住まいの地域によっては、放送が聞き取りづらい状況が予想されます。
リスナーの皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

なお、災害時などには点検作業を中止して、緊急情報をお伝えします。

リポーター・パーソナリティ・制作サポーター募集のお知らせ

「FMasmo」では、2013年春からの番組で活躍していただける
リポーター・パーソナリティ・制作サポーターを募集します。

あなたの能力を活かして、地元の魅力を発信してみませんか?

リポーター・パーソナリティは、放送のなかで声を使って情報を送り届ける仕事。
制作サポーターは、番組制作(原稿作成・選曲など)のお手伝いの仕事です。

年齢や経験は問いません。ふるってご応募ください。

エントリーを希望される方は次の要領でご応募ください。

①下記の宛先まで履歴書を郵送でお送りください。
(直接ご持参いただいても結構です)

〒021-0881 一関市大町4-29 なのはなプラザ4階
一関コミュニティFM「募集」係

②書類選考させていただいた上、通過された方には、
2月中にオーディションを行います。
(通過しなかった場合、履歴書はお返しいたします)

締め切りは 2月18日(月)当日の消印有効です。

なお、どの職種も番組毎の担当の契約で、正社員募集ではありません。
待遇・報酬などは、採用決定後、配置される番組によって異なります。
オーディションの際にご説明いたします。

一関の「元気」や「魅力」をわたしたちと一緒に伝えませんか♪

番組休止のお知らせ

2月3日(日)に行う「FMあすも専用ラジオ」自動起動試験のため
以下の番組は休止いたしますので、ご了承ください。

9:00~「asmo disc drive」
18:00~「VINTAGE GARAGE(J-WAVE)」

2月3日(日)に行われる「FMあすも専用ラジオ」自動起動試験のお知らせです。

一関市では、事業所を含むすべての世帯に「FMあすも専用ラジオ」をお配りしました。

この「専用ラジオ」は、緊急の情報を伝えるための信号をキャッチすると、
スイッチが入っていない状態でも自動で放送が流れる機能が付いています。

大きな災害などで、市民の生命や身体に影響を及ぼす恐れがあると一関市が判断したとき、
一関市役所または消防本部から「信号」を送ります。
この「信号」を専用ラジオが受信すると、自動で起動し、緊急の放送が最大の音量で流れる、
というしくみです。

一関市では、このシステムが 正確に はたらくかどうか「起動試験」を行うことになりました。

2月3日 日曜日
時間は 朝9時からと、午後6時からの2回です。

この日、自動でラジオがつくかどうか、また、放送が最大の音量で聞こえるかどうか、
みなさんの家庭や事業所の専用ラジオのチェックをお願いします。

さて、試験に先立って「準備」のお願いです。
専用ラジオを箱から出して、箱に入っているACアダプターをコンセントにつないでください。
3つついているランプの左側「電源ランプ」が点灯すれば準備はOKです。

ダイヤルを右にひねると、放送が聞こえます。
普段は、ちょうどいい音で聴いてください。
この状態で起動信号を受信すると、ボリュームが大きくなります。
解除信号を受信すると、ボリュームは元に戻ります。

ダイヤルを左にカチッとするまでひねると、放送は聞こえません。
普段、ラジオを聴いていないときはこの状態です。
この状態で起動信号を受信すると、ラジオが自動でたちあがり、
一番大きい音で放送が流れます。
解除信号を受信すると、放送を聴いていない状態に戻ります。

2月3日(日)は、
市役所・消防本部から 起動信号、訓練のアナウンス、解除信号の順にお送りします。
信号を受信すると、大きい音で放送が流れますので、
うるさく感じたときには、緑色の「解除ボタン」を押してください。
乳幼児がいる家庭・高齢者施設・病院など、大きな音をたてられない所、
このほか訓練に参加できない場所では、あらかじめACアダプタと電池を抜いておいてください。

なお、当日、電源を繋いでいても、専用ラジオが自動で起動しなかった場合は、
放送の電波が弱い可能性が考えられます。
このようなときには、市役所市政情報課か、各支所の地域振興課まで連絡をお願いします。
電話番号は、広報(アイスタイル)1月15日号に掲載しています。

今回は試験ですが、通常、この起動信号が発信されるのは、
「市民の生命や身体に影響を及ぼす恐れがあると 一関市が判断した場合」。
たとえば 河川の氾濫、堤防の決壊、土砂災害、大規模な火災、有毒ガス漏れなど、
「避難指示を発するような事態」の時に限られています。
地震の発生や気象警報の発令の際は自動起動は行われません。通常のFMあすもの放送で
随時情報提供をしてまいります。

FMあすも専用ラジオの「起動試験」は、
2月3日(日) 朝9時からと、夕方6時からの2回行います。
みなさんのご協力をお願いします。

「FMあすも専用ラジオ」自動起動試験のお知らせでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。